ちくわの穴から星☆を見た NEW

イラストレーター・漫画家「まきりえこ」としても活躍する母「ちゃば」が描く家族の奮闘記。 お父さん、お母さん、息子の笑いと涙が詰まった絵日記ブログです。 ちくわの穴から星☆を見た NEW http://tikuwanoanakarahosiwomita.blog.jp/

Category妊娠・出産秘話

すくパラ
竹書房さまの、すくすくパラダイスvol.11最新号
出たよ!!買ってね!!
すでに「買ったよ、読んだよ」というコメントを頂き大感謝です!
「ちくわ」掲載の2ページは、読み返しすぎて自分ではもう、
おもしろいんだかおもしろくないんだかわからなくなっています。 ヽ(`д´;)/ うおお


アマゾンでの購入はこちら→アマゾン

************************************************************


こんにちは!盆になるとやたらキョドー不審に
妊娠出産を思い出すはなっちです。なんでかっちゅ-と

息子は盆に仕込んだ!しかも
義父さんの初盆に!


そんな罰当たり極道ヨメばなしをからめ、
今回はふと「お盆スペシャル!出産秘話」を描いてみることにしました。
(子育てブログだからな!待ってても
セ○クスシーンはありませんヨ!)(*゚∋゚)ノ<ネエヨ!


スタート編1

スタート編2

スタート編3

スタート編4



・・・・いつになく長めのお話になるかも知れません。

途中休憩しつつ、別のネタの4コマなど挟みつつ
数回、このネタにおつきあい下さい。
「前置胎盤」や「妊娠中毒症」などの
情報のための漫画にはならないと思いますが、
たくさんのお母さんがいろんな気持ちで赤ちゃんを
産んでいることに、ちょっぴりふれられたらな、と思います。




といいつつ明日は、前せつ(?)で
はなっち不妊治療編!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
え!アンタ結婚したとたん子ども出来たやん!?
ということを知ってる人もそうでない人も、明日をお待ち下さい。

 
***************************** 
ランキングに参加しています
順位上がってるよ!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
あ、ありがとっす!!
本日もワンクリック
   おねがいします
 人気ランキングバナー

↓こちらもおひとつ 
子供服・子育てブログランキング


 
=========================
おまたせ!咲久子第4話でました。
今!某F市都市圏のコンビニで店頭に並んでます!

「オシゴト情報誌ナジェーナ/連載マンガ」は→こちら  
http://www.najena.jp/comic.html
妊婦時代をアップ中、の
「はなのワーキング子育て航海誌」は→こちら
おもしろ胎動話の、コメントお待ちします。
http://www.e-avanti.com/mitemite/hana/
ベビー時代をアップ中、の
「秘密基地X」は→こちら
もしかすると放置解消、かも、待て次回

http://tikuwanohosi.blog84.fc2.com/
=========================

17-1
17-2
17-3
17-4

赤ずきんちゃ~~ん、それおばあさんじゃないよ、オオカミだよ!



クロとら、ナゾの行動を取る
わが結婚相手でございます。


ワタクシの営々と築いた社会的評価がヤツのとんちんかんな行動で
取り返しのつかないことになったのを何度目にしたことか。
ああ、天よ地よ私が一体何をした!




このたびあのアホーが


コメント欄を伝って、
ブログ仲間の所に出没し
残暑見舞いを書き残している
と言う事実が判明しました。




妻ガックリ、夏ばて悪化○| ̄|_



~残暑お見舞い申し上げます いつもお世話になっております~



だまらっしゃい!このすっとんトンチキ
しかも行った先は、今売り出し中のお笑いブログ

チンピラ.com ~真人間への闘争~

で、~「祝!50回!あなたが選ぶ強烈キャラ!」募集について~

と言う催しがあっている真っ最中。
ええ、「チンピラ.com」に登場する濃いキャラの人気投票です。


そこにあろうことか・・・・

~残暑お見舞い申し上げます
いつもお世話になっております、ここはワタクシ、
クロトラに一票おねがいします、

クロトラ本人より~

と書き残す大きいトンチキクロとら。
オマエいつ
「チンピラ.com」に登場したよ!





アメリカ大統領選にいきなり、
羽柴秀吉氏が名乗りを上げたような!


ダレ!?あんた、みたいな~~~~





他にも私の知らないうちにクロとらが出現し
コメントを書き残しているかも知れません。
うちに来た!」とおっしゃるかた、ご一報下さい。



今、痛めに〆ようかなと思ってるところ。


******************************
一日ワンクリック
お願い致しますぅ~
人気ランキングバナー  
ガクリト
 

      
↑こちらもよろしく

15-1
15-2
15-3
15-4
息子妊娠秘話・第四話・結 


待望の赤ちゃんができて、

嬉しくて、なのに



話がうますぎる、と
不安になってしまった私。



幸せなのに、なにかとんでもないことが起こって
赤ちゃんを失ってしまうのでは?
わたしなんかが、こんなに幸せで良いはずがないのでは?と
打ち消しても打ち消しても不安になったのは
ホルモンのせいだったのか、
子ども時代にトラウマでもあったのか


不安を裏付けるように、妊娠初期からトラブル続きで
選んだ病院はあんなで、担当医師はあんなで・・・
カードをめくるたびに「不運」と書かれた
ジョーカーの札がくりかえしでるような毎日で



恐くて



そんな状態MAXでタクシーに乗りました。
横入りされるし、ああ、これもちっさいジョーカーだな。



そしたらね、この運転士さんだったんです。

早産になりかけて泣いてる妊婦が
自分も流産の経験があって励ましてくれる
女性ドライバーのタクシーに乗る確率ってどんなです?
しかも、横入りされなければ違うタクシーに乗っていたはず。


八回お腹の子が流れて、でも今度こそ
しっかりしがみついて生まれてきた子を
育ててる最中の運転士さんの
「生まれる子ってしがみついてでも生まれてくるものよ」

ってことばが天からの贈り物のように聞こえました。
「その子はきっと大丈夫だよ」とも言ってもらいました。



その時妊娠して初めて
わたしは許されて守られてるんだ、って感じたし
お腹の子も許されて守られて生まれてくるんだ、
って信じることが出来たんです、多分。



その後も、恐いことが次々にあったけど
もうわたしは赤ちゃんが無事に生まれることを信じられた。
その後の人生観まで変わった気がします。
大丈夫、そんなに怖ろしいことは起こらない…って。
子どもの時からずっと「私は幸せになる価値がないんじゃ」
と思っていた、なんかの呪いまでこの時とけたみたい)





あのとき運転手さんから、大事なバトンを貰った気がしています。
いつか不安になってる人がいたら渡そうと思っていました。

だから今日ここを読んでる、
お腹に赤ちゃんのいる人、赤ちゃん待ちの人
いつか赤ちゃんに会えるんだろうかと思ってる人
それから
「私は幸せになる価値がないんじゃ」と思ってる人、若い人
今日のちくわがピンと来た人がいたら、
どうぞ幸せバトンを持って帰ってください。



こんなんはいってました↑

******
************************
一日ワンクリック
お願い致しますぅ~
人気ランキングバナー  
一周年おめでとうポチくだされ

当たり障りのない妊娠秘話にするつもりが
「転」でアレ書いちゃってから
一気にここに結末が流れ着きました。
なにかに突き動かされるようにね~。
ミギーに書かされたの


      
↑こちらもよろしく

************************************************
昨日は、メールくださった方、コメント
ださった方ありがとうございました。
自分の中で整理できたら一度書こうかなと思っていたことで、酷い目にあったけど書けば気が済むというか、昇華して「まあいいか」と次に行ける気がしていたのです。「母子とも無事で良かったね」と言っていただけ、つまるところ、それにつきるかなと思っています。
訴訟という考え方もあると思います。これほど体を痛めつけられて、出産以外の理由だったら私もそうしたかもしれない。でも隣にはのんきな顔して新生児が寝ていて、乳クレとたよってきて、これからこの子を育てていくのに、争うこととか恨みとかもうどうでもいいや~。というのが当時の心境でした。長い訴訟を戦おうというエネルギーはどこからも湧いてこなかった。それに外来医師のことは「あんな医師はいてはいけない」と心の底から思っていますが、出産の担当新人医師については正直殺されかけたけれど恨みはないのですよ。陣痛促進剤が効きすぎていきみが逃せなくなって「もう無理、もう打たないで」とのたうちまわってる産婦がいて、助産士はあきらかに異常を感じてるのに、どこにもその意見が届いていかない(そしてさらに促進剤打たれてしまう)ってのはまともなシステムではないと思いますけどね。昼の出産だったから別室には大勢経験豊富な医師がいたわけだし。ところで
入院中、隣のベッドの女性の出産が研修医の見学対象になったんです。内臓に障害を持っていて命がけの出産で、見たお医者さんの卵たちも感動して泣いていたそうです。彼らは自分たちもそうやってお母さんが命がけで生んでくれたことを知ったんでしょう。何人かは「過労死とかしそうにきつくて、訴訟も多い」と敬遠される産科に、志を持ったかも知れません。そんなこともあって、私の出産の担当だった新人医師については「人は誰しも初心で愚かな時期がある」としか思いません。産科医というみんなが避ける専門を選んだのも、彼なりの想いがあってなんだろうなと思うと、憎む気は湧いてこないです。

本日ちょっとディープな妊娠中の医療話。
用語などわかりにくい方ごめんなさい、
でもどこかで一度書いておきたかったんです。
----------------------------------------------------------------


妊娠が確定した病院は産科の設備がなかったので
「紹介状を書きますから転院してください」と言われました。
そこで産めると思っていたのでとまどっていると
「では○大病院はいかがですか?私の出身ですし
ぜんそくの事もあるから、内科と連携が取れる方が良い」
と医師に言われました。

私は小児喘息で、大人になってからは発作はなかったけれど
妊娠で咳が酷くなっていた。咳のコントロールを上手くやらないと
お腹が張ってよろしくないと言う。

そうかとおもい○大病院に紹介状を書いて貰いました。


これが、本当に、後で思うと
後悔しても仕切れない選択ミス・・・


14-1
14-2
14-3
14-4
息子妊娠秘話・第三話・転


*「内科と連携するためこの
大学病院を選んだんですが?」
今思うと当然なその質問が何故でなかった!?
初産のわたしの初々しさ・・・
**
暴言の数々
***「このお医者おかしい」と思いつつ
「わたしがナーバスになりすぎてるのかも」と
初めての妊娠に自信もなく
****口調までがらりと変わりました。
頚管4cm以上あるべきが2cmになってたそうです。




そのまま緊急入院!
と言う話でしたが、下に子どももいないようだし
家で安静に出来るなら、次回まで家で安静にとなりました。


結局その後入院となり、私たち夫婦と駆けつけた義母
「担当医師から説明があります」という部屋にはいると
患者の前でほおづえをついて、
あからさまにふてくされている問題医師S野。
結局待っても説明もせず、気まずい感じで看護師さんが
かわりに入院説明をしてくれました。


やっぱりまともな
医師じゃなかったんだ!!


この時の様子で、やっと身にしみる私。

問題医師S野・・・
その後、外来からも病棟からも消えました。
あのふてくされ方を思い出すにつけ
失敗スタンプが、私の一件で満額になり
系列のどこかへ異動になったのかも知れません。


でも産科を続けているんだと思います。
命を扱っているんだと思います。あんな医者が


そしてはなっちの妊娠ライフも
さんざんな様相を帯びながら
起承転結」の「」部へ!
浮上できるのか!

****************************
その後、○大病院で、はなっちは・・・・・・・



あ、コワイ話連発だから(*゜э゜)b
現在妊婦の方は読まない方が良いです。



その後、○大病院で、はなっちは・・・・・・・
頚管が開きかけ早産しそうになっているのに
つじつま合わせのように今更ぜんそくの検査に回され
腹筋に力を入れる呼気検査などでさらに
頚管悪化!
切迫早産入院中、投薬の副作用で内耳が壊れる!
●ゴールデンウィークが予定日だったためそれをさけるべく
古狸助教授に痛めにこじ開けるような内診をされ、
確信犯的に破水へ持ち込まれる
出産は新人医師が担当し、子宮口が開いてこないのに
陣痛促進剤MAXまで打たれ、それって週刊誌とかでよく聞く
「子宮破裂で母子死亡!」のパターンなんじゃないですかね?
と言う状態を七転八倒して生き延びる。
●吸引になり、新人医師の手が滑って器具が産道で
ジャンプ傘のように「パン!」と開き
産道と直腸が裂ける。

などのおまえんとこでは二度と産まん!
と言うレベルの恐怖のスタンプ満額いただきました。



  あたしって、ついてる!?(# ゚Д゚) ?クワッ




母子とも死なずにすんだのは助産師さんのおかげと思ってる。

******
************************
一日ワンクリック
お願い致しますぅ~
人気ランキングバナー  
一周年おめでとうポチくだされ
てゆーか今日のネタはおめでとうではないか・・・
ま、でも母子とも生きてるから。
かなり寝たきり育児スタートだったけど。
今もカラダがすごく弱ったままだけど。

でも書きたいことを書いたので、スッキリ。

あと残す憤りは…「すごくお腹へってカツカレー頼んだのに
チョッピリの女盛りにしおった某カレー屋のおやじ!」
少食な女がカツカレー頼むわけないだろー( ゚Д゚)
足りなくてその後ラーメン食べたぞ!ゆるさん

      
↑こちらもよろしく

13-1
13-2
13-3
13-4
息子妊娠秘話・第二話・承




*オマエにそっくりな顔の娘
たいして可愛いわけは無かろう
**
「性別は妊娠中期ですでにわかる!
骨盤の型で」というお医者さんがいまして。
まじか?と思ってたら、マジでわかりました。
男の骨盤って細いんだよね。女は横広
***電話の向こうでクロとら
沈黙しやがり・・・・
****お腹には無事な子がいるにもかかわらず
「さよなら」ていいやがりまして。
妄想にもほどがある!!
その後男児の名前がどうにも考えきれず
息子は生後13日まで胎児ネーム
「ぽの太」で生きる羽目に。



クロとらくん、女児のパパになりたかったらしく。
多分先輩とかから「女の子は可愛いぞ~~」とか
聞かされていたもようですが、ロマンとしてはわかる
わかるが、「男だ女だ」って腹にいる子に失礼だろうが。


二人目は女児」その願いも、妻の
「すっかりいたんじゃったから、もう産まない宣言」により費え、
「女の子は可愛いぞ~~」の夢がいまだに成仏できないらしく
クロトラくん、保育園でも女児を見る目が怪しくうるんでおります。



恐い!て



これは妻としてクロとらの評判を守らねば!

・・・・と焦るあまり、
「クロとらさんにはいつも、ウチの子が遊んで頂いて」
などと言ってくる、女児ママ友に向かって

「や!大丈夫だから。
前科無いから、コイツ!」


などと、かばってるんだか
完膚無きまでに葬ってるんだか。。。。





・・・・・( ;∀;) シドヒ←クロとら

******
************************
一日ワンクリック
お願い致しますぅ~
人気ランキングバナー  
一周年おめでとうポチくだされ


      
↑こちらもよろしく